2024-01-01から1年間の記事一覧

戦前世相の解説1

江戸・東京市民の楽しみ(昭和時代)271戦前世相の解説1 終戦までの昭和初期については、数多くの本が出されている。その多くは、当時の国際関係からはじまり、政治体制、軍内部の抗争、事変の発端から戦争の経緯などが書かれている。国が激動した様子は詳…

昭和二十年八月終戦を迎え、空白の市民

江戸・東京市民の楽しみ(昭和時代)270昭和二十年八月終戦を迎え、空白の市民───────────────────────────────────────────────昭和二十年(1945年)・八月、広島に原子爆弾投下⑥、ソ連対日宣戦布告⑧、ポツダム宣言受諾⑭、戦争終結⑮───────────────────────…

敗戦も視野に入る昭和二十年七月

江戸・東京市民の楽しみ(昭和時代)269敗戦も視野に入る昭和二十年七月───────────────────────────────────────────────昭和二十年(1945年)・七月、食料配給基準量一割削減⑪、対日ポツダム宣言発表(26)、空襲で投下された銅屑集めて国民酒場で酒を飲む。…

娯楽再建も始まる昭和二十年六月

江戸・東京市民の楽しみ(昭和時代)268娯楽再建も始まる昭和二十年六月 六月は、沖縄が日本軍10万人、一般人15万人もの犠牲を出し占領された。それでも戦争を続けようとしたのは、地方都市が残っていたからではなかろうか。東京は壊滅的な状況であった…

市民の動揺を抑える昭和二十年五月

江戸・東京市民の楽しみ(昭和時代)267市民の動揺を抑える昭和二十年五月 七日にドイツが無条件降伏。これまでレジャーを押さえ込んできた新聞が、これまでの方針を変更した報道。戦災や疎開で人々が浮足立っているため、閉鎖した大劇場で低料金の大衆興行…

空襲に麻痺し始める昭和二十年四月

江戸・東京市民の楽しみ(昭和時代)266空襲に麻痺し始める昭和二十年四月 四月の東京は連日のように敵機襲来、空襲があり、米軍が沖縄本島に上陸するニュースが市民にも伝わる。人々は、もっと危機感を持って良いと思うのだが。ドイツの敗戦状況も入ってい…

アチャラカ結構となる昭和二十年三月

江戸・東京市民の楽しみ(昭和時代)265アチャラカ結構となる昭和二十年三月 三月九日の夜、東京へは334機のB29による大空襲で、死者約10万人、焼失家屋23万戸にのぼった。罹災した市民は、田舎へ帰ろうと上野駅を目指し、また焼跡の後片付けなどに…

空襲の恐怖でも娯楽を求める昭和二十年二月

江戸・東京市民の楽しみ(昭和時代)264空襲の恐怖でも娯楽を求める昭和二十年二月 この年の冬は室内の水が凍るという寒さ、食料だけでなく燃料も不足、清沢洌は八日、「三十年の東京生活で知らない。炭はなく、本年の寒さは誰にもこたえる。本年の冬を通じ…

娯楽禁止が緩む昭和二十年一月

江戸・東京市民の楽しみ(昭和時代)263娯楽禁止が緩む昭和二十年一月 昭和20年(1945年)に入ると、戦局の悪化は米軍に対してだけでなく、中国でも始まっていた。しかし、軍部はまだ「本土決戦」に望みを抱いていた。国民のすべてが死ぬまで戦うとい…

空襲下のレジャー昭和十九年十一月十二月

江戸・東京市民の楽しみ(昭和時代)262空襲下のレジャー昭和十九年十一月十二月 十一月に入っても、新聞の記事は政府や軍部の都合の良いものだけ、当時の状況を古川ロッパの日記から紹介したい。 十一月六日、「今朝の新聞で昨日の東京空襲は、B29一機襲来…